ブログ

太田研究室ブログ

テレビ番組〜応用行動分析について

先日、行動障害が強化されかねない状況の自閉症児への応用行動分析を適用した訪問型の療育を対象にした番組があった。

【テレビ番組】NONFIX~自閉症児のために~闘う出張カウンセラー

https://www.fujitv.co.jp/nonfix/library/2021/683.html

 

その番組とコメントを紹介したブログが公開された。ここのサイトの共同研究者金森先生のサイトだ。

https://www.assistivetechnology.cfbx.jp/kinta/2021/02/08/23691/?fbclid=IwAR0fbAYwQ-1l38BWBeZsSs1B3PEd0j6AhFYH3U7l6mYEVb9ncormT9h7nE4

視聴者によって、このままでは誤解を招くのではないかと心配な箇所もあるが、事実をうまく紹介され、とても良い番組だと思った。

みんなに見てほしいけど、再放送しないかな。

0

卒業論文発表会

今年度、こども教育学科の第1期生が卒業する。

特別支援教育研究室に所属の学生3名は、コロナ禍の中、卒業論文をまとめてきた。

2021年1月20日、その口頭試問を兼ねた卒業論文発表会が開かれた。

発表の様子

発表の様子

発表の様子

次年度卒業論文作成予定の学生も参加し、特別支援教育の専門の教員も参加して行われた。

1年以上取り組んできた自分の卒業研究だが、自分と指導教員、それにゼミの友達だけの意見交換で、こうした多様な意見交換が期待できる対話の機会は非常に貴重だと感じた。卒業論文作成が大学の目的ではないと思うし、それをきっかけにいろんなことを学んで欲しいと願う。そんなきっかけになったのではないかと期待している。

卒業予定学生のこれからに期待したい。

0

特別支援教育AT研究会2021の開催について(案内)

  京都ノートルダム女子大学特別支援教育研究室では、例年、春に日本教育情報学会特別支援教育AT研究会との共催、その他多くの大学研究室との共催、現場の先生方との共催で研究会を主催しています。

 卒業後も無理なく楽しみながら学び続けるために、様々な人間関係形成能力を学べるまたとない機会ですし、大学内外の諸先輩方の学びを、直接学べる非常に貴重な学びの機会であると考えています。

 多くの皆さんの参加と発表を楽しみにしています。

 

参加申し込みはこちらからお願いします。

原稿のフォーマットはこちらを使ってください。formatAT2021.docx

 3/13までに事務局まで原稿を送付ください。受け付けたもののみを当日配布資料とします。

2020年12月

特別支援教育に関わる皆様

日本教育情報学会特別支援教育AT研究会

会長 金森 克浩

(日本福祉大学 教授)

特別支援教育AT研究会2021の開催について(案内)

 特別支援教育に関心のある教員等を対象に、障害や特性に応じた学習・生活の質を高めるための支援技術(AT)やICTを活用した教育実践を交流する研究会を、各地の大学研究室や研究会と共催にて開催します。
 午前は特別支援教育を学ぶ学生が、午後は特別支援教育に関わる教員が研究・実践の発表・交流を行います。公私ともお忙しいことと思いますが、COVID-19感染症対策を講じながら春の京都・全国で、教員等も学生も共に学びたいと思います。

共催・後援(予定含む)
京都ノートルダム女子大学特別支援教育AT研究会(太田研究室),広島大学氏間研究室,兵庫教育大学小川研究室,関西学院大学丹羽研究室, 金沢星稜大学新谷研究室,神戸親和女子大学武富研究室,皇學館大学教育学会特別支援教育AT研究会(大杉研究室),奈良学園大学中島研究室,日本福祉大学金森研究室,ノートルダム清心女子大学青山研究室,大阪人間科学大学中島研究室, 島根県立大学特別支援教育学研究室, 島根大学伊藤研究室,帝京大学大学院教職研究科爲川研究室,富山大学水内研究室
AT-Okinawa,チャレンジキッズ研究会,DonTAC,九州e-AT研究会,マジカルトイボックス,なんとカンファレンス,(一社)日本支援技術協会,大阪支援教育コンピュータ研究会,NPO法人支援機器普及促進協会,東海特別支援教育カンファレンス


日時 2021年3月21日(日)10時〜15時半

会場 キャンパスプラザ京都 第3講義室
 京都駅下車すぐ(〒600-8216 京都市下京区西洞院通塩小路下る)
Zoom会議室(参加確定者に開催直前にメール連絡します)


会場参加定員 60名(埋まり次第締め切ります)
遠隔参加定員 80名

主な内容
10時〜12時
共催大学研究室を中心に、卒業論文等の研究発表
13時〜15時半
各地の特別支援学校などの教員による実践・研究交流

その他

一次申し込みとして、1/23まで発表予定者の申し込み(最大20名)を行います。

参加のみの申し込みは、1/24~3/13まで実施する予定です。

0

国立特別支援教育総合研究所Webによる研究所公開

みなさんこんにちは

暫くぶりの更新です。

お初のネタが見られたので更新します。

独立行政法人国立特別支援教育総合研究所が今回初めて研究所公開をWebでされます。

以下に情報があります。興味のある方は自由に見てみると良いですね。

障害種別の特別支援教育や研究って?どんなことしているの?とか・・・

Webページの画像

令和2年度研究所公開のイベント情報

日にち  令和2年12月24日(木)午前9時~令和3年1月11日(月)
実施方法  動画のオンライン配信
費用  無料
申込  不要

チラシのダウンロードはこちら

0

市民広報に特別支援学校が!!

先ほど、古い知り合いの先生からの紹介で広島県のある市の広報誌に、特別支援学校が紹介されているのを知った。

 

なかなか近隣の市域では見たことがない。

生き生きとした生徒の顔がいい!!

さらに、表彰の紹介では美術展表彰式(一般・高校生の部入賞者)も紹介されている。

これも、当たり前に載っているのがいい。

当たり前が当たり前だと思う。もっともっと当たり前になってほしいなあ・・・

少しうれしいニュースを紹介させていただきました。

 

URLは,下のとおりです。ぜひご覧ください。
https://www.city.etajima.hiroshima.jp/cms/articles/show/7734
https://www.city.etajima.hiroshima.jp/cms/files/uploads/koho202012_p01__2.pdf

https://www.city.etajima.hiroshima.jp/cms/files/uploads/koho202012_p12_p13.pdf
https://www.city.etajima.hiroshima.jp/cms/files/uploads/koho202012_p32.pdf

0

新型コロナ対策啓発動画

先ほどある人の書き込みで、学生向けのいい動画を知った。

学生にとって、とても大事なことがコンパクトに情報提供されている。

改めて見て振り返りたい。そして、行動を見直し改善したい。

 

京都府のYouTubeチャンネルから

(京都府新型コロナウイルス感染症対策)山中伸弥 京都大学iPS細胞研究所 所長から学生の皆さんへのメッセージ

(京都府新型コロナウイルス感染症対策アニメ)「自分のため、チームのため」編

(京都府新型コロナウイルス感染症対策アニメ)「飲食時は危険!」編

京都府 新型コロナウイルス緊急連絡サービス「こことろ」【利用者編】(字幕)

今更ながらしっかりと作りこまれているので、参考にしたいと思う。

 

0

キャリア発達支援研究会 実践交流会2020のお知らせ

以下の研究会の企画・運営に関わります。興味のある皆さまのご参加をお待ちしております。

 

キャリア発達支援研究会 実践交流会2020

支え合い・学び合う環境の構築Ⅲ

-社会変化に柔軟に対応するために必要な教員の資質・能力の検討- 

 1 開催趣旨

 新学習指導要領では,教育の普遍的な使命を維持・発展させながら,社会の大きな変化を柔軟に受け止めて対応していく資質・能力の育成を目指した「社会に開かれた教育課程」の実現が求められています。また,教育活動全体をとおして「知識・技能」「思考力・判断力・表現力」「学びに向かう力・人間性等」を育成するとともに,児童生徒等が社会とのつながりの中で学びを深め,より良い人生を送れるように,適切な指導及び必要な支援の充実に努めることが求められています。

 これらを支えるのは,教員の使命感,人間の成長・発達についての深い理解と愛情,教科等に関する専門的知識,広く豊かな教養を基にした実践的指導力等によるところが大きく,学校及び教員自身が社会に開き,つながるとともにその職務をとおして研究と修養に努めていくことが肝要であると考えます。

 今回,教員に求められる資質・能力の中で,自ら考え課題解決に向かう力に焦点を当て「思考し行動する力」の育成について考えます。思考し行動する力は,新型コロナウイルスにかかる喫緊の対応等,急激かつ前例のない社会変化に柔軟に対応するために必要な力の1つとして捉えられると考えます。

 この企画は日本特殊教育学会第58回大会自主シンポジウム「支え合い・学び合う環境の構築Ⅲ-社会の変化に柔軟に対応するために必要な教員の資質・能力の検討-」の内容を発展させた実践交流会です。日本特殊教育学会第58回大会は,新型コロナ対応でネットワークでの動画配信による開催を余儀なくされました。そこで,本自主シンポジウムの実施をZoomによる遠隔参加が可能な形態として開催します。

皆様のご参加をお待ちしています。

 

2 日 時

令和2年10月17日(土)  

14:00~14:10  開会挨拶,企画趣旨説明

14:15〜15:00 話題提供(各15分)

15:00〜15:15  指定討論 (15 分)

15:15~15:45 グループセッション

15:45~16:00 全体共有

16:00ごろ  閉会

終了後    フリーセッション

 

3 開催方法 Zoomによるオンライン会議形式 ※参加者へは,Zoom会議招待メールを送信します。

 

4 参加者

企画      逵  直美(東京都立光明学園)  

     広兼千代子(広島県立三原特別支援学校)

     太田 容次(京都ノートルダム女子大学)

指定討論 菊地 一文(弘前大学大学院)

司会進行 坂本 征之(国立特別支援教育総合研究所)

 

5 日 程

13:30 受付及び各自ログイン
14:00 開会挨拶,企画趣旨説明

 国立特別支援教育総合研究所 主任研究員 坂本 征之
14:15話題提供(各報告15分)
(14:15)
①教員育成養成の立場から社会とつながる資質・能力向上の方策を考える

京都ノートルダム女子大学 准教授 太田 容次

本学では,保育士や幼稚園,小学校,特別支援学校の教諭を目指す学生が,卒業後の自らの生き方・あり方を考え,主体的に学修できるよう指導・支援している。特に,特別支援学校教諭免許状取得を目指す学生に対して,基礎免許となる小学校とできるだけ多くの障害種の特別支援学校を体験することで,大学での学修と関連付け,深い学びとなるように支援している。そのために,事前登録された学生や学校等教員,指導教員のみが参加し,やり取り可能なCNS(Closed Networking Service)を活用した相互作用による学びを促している。昨年度の続報事例とその分析を報告する.  
(14:30)
②管理職の立場から社会とつながる資質・能力向上の方策を考える

広島県立三原特別支援学校 教頭 広兼千代子

 学校では,昨年度末から新型コロナウイルスの感染拡大に伴い,長期にわたる臨時休校を余儀なくされた。本校においても,かつてない状況に直面し日々緊急的な対応を求められる中で,これまでにない教員の対応力・協働力が発揮され,課題解決に向けた組織的な動きが促進される場面があった。今回の危機的状況を通して,児童生徒への学習支援,校務の遂行,保護者との連携,安全・安心な学校環境づくり等,教員が受け身にならず主体的に考え行動し,打開案を探りチームで協働することの大切さを再認識している。本校における臨時休校中の様々な対応や取組から,今後も学校に起こりうる危機的状況を乗り越えるために必要な力とその方策について意見交換したい。  
(14:45)
③研究主任の立場から社会とつながる資質・能力向上の方策を考える

東京都立光明学園 主任教諭 逵 直美

教員の資質・能力の向上においては校内で行われるO J Tはその役割を担うものであると考える。研究主任として初任者の年次研の研修をどのように組み立てるか,年間計画を立てる中で「授業力・指導力」「生徒指導力・進路指導力」「連携力・協働力」3つのポイントを考えながら作成した。研修会を受講したのちに各自が何を学び何を取り入れ実践していくのか思考するために意味づけをしながらの課題の出し方に配慮した。また,コロナ感染予防のための休業中に何ができるのかWEBを活用した研修会の取り組みや地域と学校との関わりを模索した具体的活動事例を報告しながら,今教員にとって必要な力について協議に参加したい。
 

15:00【指定討論】

省察力の育成を目指した対話の在り方について

弘前大学大学院教育学研究科 教授 菊地 一文

 各自治体においては各ライフステージにおける育成指標を示し,研修や評価に活用する等,現職教員の職能成長に向けた取組が進められている。本教職大学院では,教員養成学研究の知見を踏まえ,「省察力」を核に「課題探求力」「協働力」「自立的発展力」を教員に求められる4つの力と位置づけ,カリキュラムを編成している。まさに省察力は「これまで」を振り返り,「いま」と向き合い,「これから」を展望する上で重要な力であり,その積み重ねがいわゆる「キャリア発達」につながると捉えられる。

指定討論では,各話題提供においてどのように「資質・能力」を捉え,「どのように」その育成に努めたのかについて言及したい。また,各段階における個々の役割への意味付けや価値付けにつながる「対話」の在り方や,そのための組織づくりに視点を当てて協議したい。

15:15 グループセッション(実践共有や意見交換) 

【協議のテーマ】

・教員が支え合い・学び合うために必要な環境について

・社会の変化に柔軟に対応するために必要な教員の資質・能力について

15:45 全体共有(各グループから発表)
16:00 閉会挨拶


5 参加費用 無料

6 対象 

 キャリア教育または特別支援教育に関心がある,キャリア発達支援に取り組んでいる教育,医療・療育,福祉関係者等

 7 参加申し込み

 次のサイトで受け付けています。

 https://www.kokuchpro.com/event/5d1bbc2687dcac6875c73cd7aa5fce7a/

  令和2年10月14日(水)までにお申し込みください。

 

8 Zoomによる参加に係る留意事項

① 本学習会はZoomアプリを使用します。アプリのダウンロードは各自,自己責任でお願いします。

② 本学習会に参加するためには,PC(要マイク及びWebカメラ,タブレット端末やスマホでも対応可)及びインターネットに接続できる環境が必要です。通信回線やPC等の機器は各自でご準備ください。使用機器によっては,マイク・ヘッドフォン(百均のもので大丈夫です)があると便利です。

③ 通信環境等により,接続が不安定になる場合があります。本学習会ではグループセッションがありますが,Zoomアプリの仕様や通信環境,参加状況等から通信が途切れることや途中で切断されることも考えられます。その際は,再接続してください。

④ 本学習会への参加に際して提供される会議URL,ID及びパスワードは,当日本人の使用に限定するものであり,第三者への提供及び共用を禁じます。また,管理には十分にご留意ください。

⑤ 本学習会をアプリやスマホ等で録画・録音することを禁じます。

⑥ 本学習会への参加の際は,氏名表示を「勤務校・氏名」とし,協議の際はできるだけお互いの顔が見えるよう「ビデオ」をONにしてください。また,全体会では報告者等以外は「マイク」をミュートにし,発言をする際には適宜各自で解除してご発言ください。

⑦ グループセッションでは積極的に発言する等,主体的な参加をお願いします。

0

対面型の授業

京都ノートルダム女子大学では、国や京都府の方針を受けて、大学でガイドラインを定め、それに沿った対面型授業を必要なものを始めています。

大学のWebにも、今後の対面授業の方針や対応マニュアルも紹介されています。

https://www.notredame.ac.jp/news/news/2358/

https://www.notredame.ac.jp/pdf/cms/0622_taisaku.pdf

京都ノートルダム女子大学コロナウィルス感染拡大予防マニュアル」

https://www.notredame.ac.jp/news/news/2433/

これらの方針、マニュアルに沿った形で授業を行っています。

 

そこで、一つの授業を紹介します。肢体不自由者教育論2という特別支援学校教諭免許状を取得希望する学生が履修する科目があります。その中の1コマで医療的ケアが必要なこどもの指導・支援について学びます。具体的には、医療的ケアが必要な肢体不自由のあるこどもの教育を行う際の保護者との連携をもとにした、学校や教員、医療や保健、福祉などとの連携やその際に必要な個別の教育支援計画等の活用について具体的に学びます。

昨日の対面授業では、ゲストに特別支援学校の保護者をお迎えし、講義をしていただきました。

実際に聴く保護者の講義は、単なる大学での座学の学びを超えている感想コメントが見られました。

特に今回特筆したいのは、お母さんと打ち合わせをメールでしている際に、本人が来られたらなあという話になり、お母さんによる本人への意思確認の結果、京都ノートルダム女子大学での授業に「参加したい」と言う意思表示が見られ、一緒に学ぶことができました。

お母さんにとっても、本人にとっても、そして何より学生にとっても貴重な学びの時間になっていればいいなあと思います。

これからも、特別支援教育の現場を知る学びを考えていきたいと思います。

0

大学のコロナ対策

本学でもぼちぼち対面型の授業が始まろうとしています。

 

今日は、そうした中で営業を再開した食堂の風景です。

順々に列に並ぶ位置も示されています。

テーブルはこのように3密を防ぐ対策がされています。

今日は久しぶりにいつも食事を一緒にしている職員さんと取りました。

でも、壁越しで・・・何とも言えないですが、乗り越えねば!!

食堂のパーティション

0